募集・管理を見直す方法h1

募集・管理h2

募集家賃が適正かどうかによって空室がなかなか決まらないということがあります。

当然ですが新築してから年数がたっていけば、物件価値は下がっていきます。
物件の状況や築年数、近隣の動向等をふまえた上で賃料査定する必要があります。
退去が決まった段階で次の一手を打つことが大切です。

また、同様に管理が良いかどうかによって、入居率が変わってきます。

一般的に賃貸管理会社はオーナー様から依頼を頂き、募集・契約・家賃集金・滞納督促・入居者からの サービスリクエスト・解約精算業務(退去立会い・敷金精算・原状回復工事など)を行っております。

しかし、これからの時代の管理会社はオーナー様の賃貸経営代行という目線でいかなければなりません。
オーナーの収益最大化を考えている管理会社かどうかが、管理会社を選定する上で重要になってきています。

管理会社選ひ゛のポイントh2

管理会社選ひ゛のポイントh2_smp

管理会社選ひ゛img管理会社選ひ゛img_smp

不動産会社と言ってもたくさんの会社があります。
それぞれに特徴があり、多くの場合はそれぞれの会社の得意・不得意があります。

例えば、売買専門の不動産会社は「売却すること」が目的であり、 「売却してしまったら終わり」です。
同様に、建築専門の会社は「建てたら終わり」ということが多く見受けられます。
それらの会社が賃貸管理を行う場合もありますが、多くの場合、アフターサービスとしての対応が多いようです。


マンション経営は、建築してからがスタートです。
その後の長い賃貸経営を考えると、不動産会社や管理会社は「生涯のパートナー」でもあります。
売買だけでなく、建築・管理・入居者募集等、様々な内容を相談できるパートナーを選ぶ事が重要です。


パートナー選びの内容としては、

①社員の入れ替わりが少なく、担当者が短期間で変わらない。

②CPM(米国不動産経営管理士)や、宅地建物取引士などの有資格者社員が多い。

③適切な管理料を設定し、管理業でも適正な収益を上げている。(管理料の低い会社は、仲介や建築で収益を上げている。)

④入居者募集などで集客力が強い

等が重要です。


アパマンセンターでは、社員それぞれがオーナー様を担当し、きめ細やかな対応をさせて頂きます。
社内での宅地建物取引士資格の保有率は高く、CPMや賃貸不動産経営管理士、相続アドバイザーなどの有資格者が、オーナー様の資産活用をお手伝いさせて頂きます。